• 制定
    平成13年に、ある制度を導入するきっかけになった火災事故がありました。新宿歌舞伎町でビル火災が発生し、44人もの尊い命が失われたのです。
  • 資格取得
    防火対象物点検は一定の建築物の収容人数などを超えた場合に建物に適用されるものになります。
最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー

受講内容

防火対象物点検は建物にとって非常に重要なものとなっています。
この制度を導入することでビル管理者の意識を少なからず高めることができています。
消防計画書と呼ばれるものをビル管理者は作成します。これは消防に提出する大事なものとなります。
防火対象物点検資格者はこの計画書を元に建物に対して有効な消防対策なのかの確認を行います。
確認には専門的な知識が必要になってきます。しかし、防火対象物点検資格者の資格取得までの流れは非常に早いものとなっています。
受講内容に関連することを書いていきます。… Read more

責任

防火対象物点検を行うことは建物を使用するビル管理者としては基本的であり、知ってて当然のものになります。
防火対象物点検のような制度は複数あり、ビル管理者はこういった法律を全て把握しておく必要があります。
しかし、中にはこういった知識をちゃんと有していないビルの管理者などがいます。
こういった管理者に対しての罰則などの強化も行うようになってきています。… Read more

カレンダー
2014年11月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930